読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きざはしの彼方

セカイ系催眠術師であるオタク男子のブログ。催眠術についてエモく語っていきます。

このブログについて

 「きざはしの彼方」は催眠術師のらすねーるが催眠についてのんびりとエモく語るブログです。インターネット上の催眠に関するブログは「催眠はこんなに凄い」というアプローチか「催眠はラポールが大事で云々こんなテクニックが云々」というものばかりで、読んでて面白くないものが多かったので、自分だったらこういう記事が読みたいなというノリで書いています。

 基本的に、技術論やテクニックよりは「自分が催眠をかけるとはどういう事なのか」を自分で考え続けることで催眠は面白くなるよーというスタンスで記事を書いています。

 

 連絡先は以下になります。講習の申し込みだけでなく、感想や質問などもどうぞ。

メールアドレス:himadj@gmail.com

Skype:himadj

Twitter:Lacenaire_ssw (サイドバーの下の方にもあるよ)

 

(この記事の最終更新日:2016/4/18)

 

サイトを作ってもらいました

フジムラダイキ - 催眠術師&心理カウンセラー

 

  フォロワーの古都ことさんにイマドキ風のかっこいい個人サイトを作ってもらいました。かっこいい!

 それに伴って講座の料金も改定しています。申し込みはメールアドレスの方からお願いします。

エロ漫画を読んで哲学的思考に嵌り込んだ話。

 Deep Stalker―ソノ皮デ美少女ニナル― - エロ漫画 電子書籍 - DMM.R18

 僕の好きなDATE先生のエロ漫画にこんなのがありまして、まあ中身は所謂「入れ替わり」物を集めたものなんですけども。

 この本の3番めに「こんなの、あたしじゃない」という話がありまして、あらすじとしては「魔法のアイテムを使って生意気な妹と入れ替わってエロいことする」というそれだけ見ればありがちなものなんですけども。

この話の入れ替わりの設定として「時間が経過するとどんどん体の方に引っ張られてその人格になる」というのがありまして。

 作中に出てくる、入れ替わった兄が妹の体で語る台詞「魂だけが入れ替わったこの意味がわかるか? つまり思考や記憶がつまった脳みそはお互いそのままなんだよ これから俺は内面までぜーんぶ美香になって …お前は今までバカにしてきたどうしようもないクズニートの兄貴になっちまうんだよ」はそのシチュエーションを簡潔に説明してると言えるでしょう。この話のオチは「何故か知らないけどなんで妹とセックスしてるんだ俺……?」みたいな感じで終わります。

 この話を最初に読んだ時は気にならなかったんですけど、二回目読んだ時に「これ、話を読んでる僕らは『何かが起こった』事を知ってるけど、作中世界の視点で見ると『何も起きてない』のでは?」ということに気付いてしまったんですよね。

 つまり、兄と妹は入れ替わった、入れ替わったさいの性行為で関係性は変わった、二人の意識は"元に戻った"……、さて、"何が起きた"といえるのか?という話です。

 有名な思考実験の一つに「スワンプマン」というものがあります。wikipediaから引用すると、

ある男がハイキングに出かける。道中、この男は不運にも沼のそばで、突然 雷に打たれて死んでしまう。その時、もうひとつ別の雷が、すぐそばの沼へと落ちた。なんという偶然か、この落雷は沼の汚泥と化学反応を引き起こし、死んだ男と全く同一、同質形状の生成物を生み出してしまう。

この落雷によって生まれた新しい存在のことを、スワンプマン(沼男)と言う。スワンプマンは原子レベルで、死ぬ直前の男と全く同一の構造を呈しており、見かけも全く同一である。もちろん脳の状態(落雷によって死んだ男の生前の脳の状態)も完全なるコピーであることから、記憶も知識も全く同一であるように見える[1]。沼を後にしたスワンプマンは、死ぬ直前の男の姿でスタスタと街に帰っていく。そして死んだ男がかつて住んでいた部屋のドアを開け、死んだ男の家族に電話をし、死んだ男が読んでいた本の続きを読みふけりながら、眠りにつく。そして翌朝、死んだ男が通っていた職場へと出勤していく。

  つまり、「人間の同一性はどこに宿っているか」という話なわけですね(違うと言えば違うんだけどまあそういうことで)。これを「全く別の物質」ではなく「別の人間と魂だけを交換して、後に意識が上書きされた」としたのがこの入れ替わり問題です。

 

 1.実質的に何も変わってない、ということは何も起きてないよ

 2.入れ替わりという事象によって兄と妹の関係性が変わったので何らかのエネルギーの移動があったよ

 さてどっちだ……?という疑問に1年ほど囚われています。助けて。

クラウドファンディングでスピリチュアルセックス体験レポートを書きたい。

enty.jp

というわけで支援を募集しています。500円からです。

催眠術師が催眠・心理学のスキルを以ってスピリチュアルに挑む企画です。絶対に面白くなると確信を持って言えるので是非!お願いします!

初めまして、らすねーると申します。普段は催眠術師兼カウンセラーをやってます。ある時催眠術に出会って以来、人間の生み出す色んなオカルト・スピリチュアルを心理学的な視点から研究するのが大好きです。スピリチュアルセックスのお店に突撃して突入レポートを書くための支援を集めています。支援方法が「毎月」になってるんで「は?お前に毎月金出すんか」って思われるかもしれませんが、これはEntyの仕様で、支援してすぐ停止申請出せば良いとのことです。よろしくお願いします。

以上、プロジェクトより引用。

個人的に催眠とか気功とか、あるいはスピリチュアルやセラピーみたいなものって、身体動作・心理誘導のテクニックを如何に言い換えてイメージするか、の違いなんじゃないかと思ってます。ゲームのRPGを考えてもらうとわかりやすいんだけど、AがBにスキル1を使って3点ダメージ、じゃ誰も遊ばないよねみたいな話。そのスキル1を稲妻だったり炎だったり斬撃だったりとイメージを持たせるためのフレーバーみたいな。

スピリチュアルを標榜してる人と出会って、なんか凄い世界が見えたらならそれを書くし、ただのペテン師だったらそれもそうと面白おかしく書きます。僕は、スピリチュアルやオカルトを通して可能性の深淵が見たい。

 

 この方から早速3000円支援を頂いて(ありがたすぎる)、目標額まで残り18000円です。手数料とかもあるんでみなさんよろしくお願いします。マジで。。

 

薬と毒、そしてコーチングについて

 たまたま機会があって有名なコーチングの方とお話をさせてもらった。

正直に言って自分が何か与えれるほど実績があるとは言い切れなかったので、一方的に聴くだけになるかと思っていたのだけども、真摯に「それはこう思いますね」と言ったら受け止めて貰って、やはりコーチングが上手い人というのはどんな所からでも新しい視点を手に入れるのを躊躇しない柔軟性がある人なんだなあと思った。

 僕は、無駄に明るくて「誰にもできる!」と言わんばかりの自己啓発的なコーチングがはっきり言って嫌いである。そんな、効くかわからない薬まみれのドーピングを行うぐらいなら、多少毒が混ざっても現実を見据え直す機会としてのコーチングを提供したいと心に決めている。

 ただしいきなり「あなたの人生にコーチングを」と言ってもその効果を実感するのは難しいから「今あなたのスコトーマが外れました!」や「ゴール設定を大事にしましょう」とわかりやすい事を伝えるのも大事ではあるのかもしれない……とも思った。

 ここからはコーチングの作法というよりは、マーケティングの話になると思うので僕にはまだ勉強が足りてない。