読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きざはしの彼方

セカイ系催眠術師であるオタク男子のブログ。催眠術についてエモく語っていきます。

催眠を始める前に

とりあえずちょっとずつ色々書いていきます。

催眠に関する技術的なあれやこれやは、ネットの海の中なり先人の知恵の決勝の書物なりにいっぱい転がってるので、このブログではできるだけ催眠を覚えるときの内面的な部分について書いていこうと思います。

というわけで、貴方は催眠術を覚えてみようと思いました。

さて、貴方はなぜ催眠術を使いたいのでしょうか。

最近流行りの「自分の夢の実現」のため、良いと思います。

あるいは安直に「女の子をエロくよがらせたい」も、世間の人が聞けば眉をひそめるでしょうが、それはそれで良いと思います。

あるいはもっと抽象的に、「色んな人を幸せにしたい」とかどうでしょう。ちょっと怪しげではありますが、催眠をうまく使えばいけると思います。

色々あげてみたけども、理由なんて実際のとこは何でも良いんだと思います。

何でもいいのだけど、どれでもいいというわけじゃなくて、自分のやりたいことをきっちり見据えてやるべきだという感じです。これ別に催眠に限ったことじゃないんですけどもね。ただ、催眠は結構メンタルが誘導の質に関わってくる……というかぶっちゃけメンタルこそが催眠の軸のようなもので、自分の楽しさを維持できないとどこかで歪みのようなものが溜まっていく。

催眠は、思ってる以上に色んな事ができます。そして、思ってる以上に人に何の影響も与えません。ある程度、妥協というか諦めというか、何かを捨てる必要があります。この時、自分で決めた目標なり夢なりでない場合、自分で捨てる物を選ぶことができません。そうなってしまうと、ひたすらに自分の意志とか心を裏切って暗示を掛け続けることになります。

というわけで、催眠をやるのは世間的にどうとかいうアレじゃなくて自分で好きな目標を立ててやろう。でも、人の言葉や気持ちを基準にしちゃ駄目だよという話でした。

次は、もうちょっと実践に踏み込んだ話をできると……いいな。