読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きざはしの彼方

セカイ系催眠術師であるオタク男子のブログ。催眠術についてエモく語っていきます。

悪の組織を作ろうと思い立って一週間が経った。

想像してみて欲しい、君の仲の良い友人が「俺はいきなり悪の組織を作るぜ」と言い始めたらどうするだろうか。真剣に止めるか、そもそも笑い話として聞き流すか、あるいはネタとして乗ってあげるか。

 

何故か知らないけど、僕の周りには「お、悪の組織ええやん」みたいな人が大勢居て、それで悪の組織を作り始めることにした。

 

元はといえば、催眠術を3人ぐらいに教えたあたりで「いや、自分の力量足りてんのかこれ……騙してるんじゃね……」みたいな感じで気分が谷底に落ちたのが始まりだった。それでもって、カウンセリングの先生の方に相談に言ったら「よし、ゴールの設定を見直そうぜ!」という事に。

 

ずっと、東京に行きたかった。そして、去年突発的に東京に行った。そこでわかったのは、僕にはまだまだ知りたいこと、身につけたい事が沢山あって、会いたい人・継続的に交流を持ちたい人が大勢いるということだ。それなのに、九州の片隅から出られずに死んでいくことが決まっているような人生が嫌でしょうがなかった。だから催眠術を教えてお金を稼ごうと決めたのだった。

 

でもって、後から先生に言わせれば荒療治だなという方法で心を抉られまくる。目的が、思いが、解体されていく。心の脆さは中途半端な意思の表れである。僕は、自分が自分一人の力で何かを成し遂げられると言う事を、成し遂げた後でさえ信じていなかったのだ。

 

そしてもって、ズタボロになった(※イメージです)中で出てきた答えが「悪の組織を作りたい」だった。笑えるでしょう。ちなみに小学生の時の夢はパン屋さんを作ることであった。結局のところ、自分の城というか、組織というか、そういうものが僕には必要なんだなと思った。

 

でもって、だ。悪の組織、悪の組織とは何か。そもそも現代社会に於ける悪って何よ?という話。この辺は個人の価値観だとも思うけども、僕は「生育・環境によって押し付けられた正義に反する欲望」を悪だと定めることにした。僕はずっと「立派に勉強してまともな仕事について家庭を持て」という価値観の中で育てられてきた。だが、大学からは心身ともにボロボロになって帰ってきて、見つかった仕事もパワハラに耐えかねて辞めて……と完全にレールから放り出された状態である。どうしようもねえな、というわけで悪の組織である。レールから放り出された人生を送ってると、同じくレールから放り出された人と知り合う機会が増えた。でもって、そんな連中が属すことができる組織があっても面白いじゃないかと。そして、みんなで協力して個々人の悪を成していく感じ。

 Twitterアカウントも作りました。なんか、どうなるかわからないけどわからないなりにやっていきたいと思います。今週中には、Campfireで「悪の組織が教える心理学の本を出したい」みたいなプロジェクトを立てるかもしれません。