読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きざはしの彼方

セカイ系催眠術師であるオタク男子のブログ。催眠術についてエモく語っていきます。

2016/05/08

 ・お見舞いに行ってきた。

一生治らない病気を抱えた人と喋る経験は、自分を居心地悪くさせる。その人が抱えたものを自分が受け取れるかどうかわからないからだ。死を覚悟し、その上で「幸せだった」と言い切れる人間に僕がどんな言葉を掛けられるだろうか。未だにわからない。

 

 ・長い間付き合いのある知人から「お前が色々やり始めたのを観て、居ても立っても居られない気分になった」と伝えられた。

そんな言葉を言われたのは初めてだった。基本的に何かをはじめる時にあまり他人を気にしたことがない。ある程度考えるけども、とりあえずやりたいようにやり始める感じ。二人で色々話したけども、とにかく「何者かになるためにはどうすればいいか」というところに落ち着く気がする。これは僕も今「なろうとしてる」途中なのでわからない。死ぬまでに答えが出ると良いなとは思っている。あるいは、死ぬ時に答えがわかるのかも。

 

 ・有る年下の人と喋って、その人の「死にたい」という気持ちについてカウンセリングした。

最近は意識しないととりあえずカウンセリングのようになってしまう。元々かなり僕は良い意味でも悪い意味でもおせっかいな人間なのである。その人と同じぐらいの年齢だったころ、自分もいつも孤独で死にたがっていた記憶がある。そして、その事を誰も理解してくれないと思っていた。自分より頭がいい大人が、僕の小さな悩みをわかってくれないのが嫌だった。正直に言うと今だってそんな気持ちが全部無くなったとは言わない。そんな、色々な思いを置いて、その人の死にたさをちゃんと受け止めきれたのがよかった。自分が、あの時嫌いだった「わかってくれない大人」になっていなかったのが、とても嬉しかった。そんな、小さな喜びのためにこういう事を続けている気がする。

 

ちょっとまばらになったけど、最近はこんな感じ。