きざはしの彼方

セカイ系催眠術師であるオタク男子のブログ。催眠術についてエモく語っていきます。

薬と毒、そしてコーチングについて

 たまたま機会があって有名なコーチングの方とお話をさせてもらった。

正直に言って自分が何か与えれるほど実績があるとは言い切れなかったので、一方的に聴くだけになるかと思っていたのだけども、真摯に「それはこう思いますね」と言ったら受け止めて貰って、やはりコーチングが上手い人というのはどんな所からでも新しい視点を手に入れるのを躊躇しない柔軟性がある人なんだなあと思った。

 僕は、無駄に明るくて「誰にもできる!」と言わんばかりの自己啓発的なコーチングがはっきり言って嫌いである。そんな、効くかわからない薬まみれのドーピングを行うぐらいなら、多少毒が混ざっても現実を見据え直す機会としてのコーチングを提供したいと心に決めている。

 ただしいきなり「あなたの人生にコーチングを」と言ってもその効果を実感するのは難しいから「今あなたのスコトーマが外れました!」や「ゴール設定を大事にしましょう」とわかりやすい事を伝えるのも大事ではあるのかもしれない……とも思った。

 ここからはコーチングの作法というよりは、マーケティングの話になると思うので僕にはまだ勉強が足りてない。